おもちゃ調査隊

仮面ライダーから赤ちゃんのおもちゃまで紹介をします。

アンパンマンボウリング

      2016/04/25

アンパンマンボウリングの紹介

スポンサーリンク

アンパンマン にぎって! おとして! くるコロタワーに続きまして
孫たちみんなで遊べるようにと祖父母の家が購入しました。

対象年齢は1歳6ヶ月頃からとなっていますが、子どもたちが
2歳~4歳の時に近くのトライアルで購入しました。

securedownload (5)

袋に入った状態の正面はこんな感じです。
中に台座があり、ピンを入れる穴が一つずつ空いているので
片付けしやすくなっています。

台座には絵があり正面は左から
ロールパンナ、カレーパンマン、アンパンマン、ショクパンマン、メロンパンナ
になっています。

袋が透明になっていて、片づけていても、見栄えがするのは良いですね。

securedownload (4)

袋に入った状態の背面はこんな感じです。

背面は左から
ジャムおじさん、コキンちゃん、バイキンマン、ドキンちゃん、クリームパンダ
になっています。

securedownloadsecuredownload (1)

袋からピンを取り出すとこんな感じです。
ピンについてあるシールは自分たちで貼り付けます。

そのため、↑の写真では、ロールパンナが逆さまになっています。笑
シールは粘着性が弱いので、気を付けて貼らないと、すぐにくっつかなくなるので
注意が必要です。

子どもではなく、大人が貼ってあげた方が良いと思います。

securedownload (2)

中にはオレンジ色と黄色のボールが入っています。
一応ボーリングの玉のように指を入れるような穴がありますが、
穴が浅いので、全然指は入りません。

穴があるおかげで、ボウリングの雰囲気は出ていますが、
そのせいで真っすぐ転がらないので、穴はない方が良かったんじゃないかな?
とも思います。

securedownload (3)

ちゃんと並べるとこんな感じになります。
子どものおもちゃでも、ちゃんと並べると雰囲気が出ますね。

子どもの反応

ボウリングをしたことないのが、一番の原因だと思いますが…
全くボウリングとして遊ぶ気がありません。汗

最初に並べ方等、遊び方を教えたんですが、並べるのは難しいようで、とにかく
ピンを立てて、倒そうとします。

一応それでもボウリングはボウリングだなぁと思うんですが
上記の通り、ボールが真っすぐ転ばないので、狙って投げても
転がすと曲がっちゃうんですよね。

それでボールをピンに向けて投げるようになって、
最終的にピンはそっちのけでボールの投げ合いっこになります。汗

ボールが飛び回るので、危ないですし、ボウリングのピンはそのまま
放置のため片づけるのが大変です。

うちの子、甥っ子、姪っ子はおとなしいタイプではなく
暇さえあれば、外に出て遊びたがるかなりやんちゃなタイプなので、
性に合わなかったのかもしれません。

月齢に関係なく、家の中でルールをキチンと守って遊べるような子
であれば良いかもしれません。

 - アンパンマン , , ,