おもちゃ調査隊

仮面ライダーから赤ちゃんのおもちゃまで紹介をします。

アンパンマンキッズドライバー

      2016/03/11

アンパンマンキッズドライバーの紹介

スポンサーリンク

上の男の子の1歳の誕生日の時に購入しました。

同い年の甥っ子の家に遊びに行ったときに
このアンパンマンキッズドライバーがあり、甥っ子と取り合って
大喧嘩をしたのが購入するきっかけになりました。

対象年齢は2歳ですが、安定して椅子に座れるようになったら
十分に遊ぶことができます。

IMG_1671

まずは全体像はこんな感じです。
子どもが乗って遊ぶことができるおもちゃのため
けっこうデカいです。

そのため、場所をとるため、置き場所には困ります。汗

IMG_1672

正面から見るとこんな感じです。
正面にはアンパンマンとライトのシールが貼られてあります。

IMG_1673

横から見るとこんな感じです。
こちらにもアンパンマンのシールが貼られてあります。

正面のシールはバイキンマンとドキンちゃんでしたが、側面のシールは
チーズとメロンパンナちゃんです。

ハンドル横には無線が付いています。
取り外すことはできますが、無線で話してもマイクのように拡声されたりしません。

IMG_1674

実際に乗ったときの目線はこんな感じです。
座席とペダルの位置は、接続パーツのネジ位置によって3段階に調節できます。

今上の子は4歳になりましたが、3段階の内、真ん中のサイズで乗って
遊んでいるため、ある程度大きくなっても遊ぶことができます。

IMG_1679

ハンドル部分はこんな感じです。

アンパンマンの顔の部分がクラクションになっています。
他にもキーボタン、メロディボタン、3種の緊急車両サイレンボタンがついています。
また、サイレンランプやウインカーランプが光ったりします。

メロディボタン等で遊ぶには電源スイッチをオンにする他に
キーボタンを押す必要があるため、小さい子供には少し操作が難しいですね。

IMG_1676

シフトレバーはこんな感じです。

P=パーキング
R=リバース
N=ニュートラル
D=ドライブ
があります。

ちゃんとアクセル部分を押した時の音と連動しています。

IMG_1677

ブレーキとアクセルも付いています。

アクセルを踏み込むと加速する音がなり、ブレーキを踏むとブレーキ音が鳴ります。
加速を続けてブレーキを踏むと急ブレーキの音が鳴ります。

IMG_1678

ウインカーも付いています。

普通の自動車と同じで、ウインカーを上げると左、ウインカーを下げると右のランプが
チッカチッカと鳴ります。

子どもが途中で遊ぶのをやめた場合、大体ウインカーが
ずっと鳴っていることが多いですが、放置したまま、しばらくすると
勝手に音が止まるようになっています。

さすが日本おもちゃ大賞2012共有玩具部門の優秀賞を受賞しているだけあって
細部まで、しっかりこだわって作られています。

子どもの反応

冒頭でも書きましたが、普段仲の良い甥っ子と初めて大喧嘩するほど
取り合っていただけあって、1歳の誕生日の時に購入してあげたら、それはもう大喜びでした。

1歳の誕生日には祖父母からニューブロックも買ってもらっていたため、
アンパンマンキッズドライバーとニューブロックをかなりヘビーローテーションで
交互に遊んでいました。

1歳の頃はまだ、アクセルとブレーキには足が届きませんでしたが、
ウインカー、ハンドル、シフトレバーをガシガシ動かして運転している
気分で遊んでいました。

対象年齢の2歳くらいになると、背も高くなり、アクセルやブレーキに足が
届くようになったため、ちゃんと運転して遊べるようになりました。

最近は下の0歳の女の子が乗りたがっているようで
ハイハイしてアンパンマンキッズドライバーの近くに行って
つかまり立ちをよくしています。

実際に乗せてあげると、まだよくわかっていませんが
笑顔でハンドルを握って動かしています。

上の男の子は、3歳になったくらいから仮面ライダーにハマり、
アンパンマンキッズドライバーで遊ばなくなっていたんですが、
下の子が遊んでいるのを見て、また遊ぶようになったため、まだあと数年は、
このおもちゃで遊べそうです。

車好きの子にはおススメです。

 - アンパンマン , , ,