おもちゃ調査隊

仮面ライダーから赤ちゃんのおもちゃまで紹介をします。

BCR02仮面ライダービルドゴリラモンドフォームの紹介

   


スポンサーリンク

9月30日(土)に
ボトルチェンジライダーシリーズ(BCRシリーズ)の第二弾
仮面ライダービルドゴリラモンドフォームが発売されました!!

ボトルチェンジライダーシリーズ(BCRシリーズ)とは
全身可動するアクションフィギュアです。

仮面ライダーエグゼイドで言うところの
LVURシリーズで、細かいポーズを
とらせることのできる本格的なフィギュアシリーズです。

BCR02仮面ライダービルドゴリラモンドフォームの内容

BCR02仮面ライダービルドゴリラモンドフォームの内容
・仮面ライダービルドゴリラモンドフォーム
・ドリルクラッシャー(ガンモード)

 

公式ホームページだと価格は3,500円(税抜)です。
私も近くのおもちゃ屋さんで、定価通りの3,500円(税抜)で
購入しました。

ネットの最安値だと3,218円(税込)で発売されているようです。

仮面ライダービルドゴリラモンドフォーム

ゴリラハーフボディは、こちら。

ダイヤモンドハーフボディは、こちら。

2つのハーフボディを合体させると…

「Are you ready!?」
「輝きのデストロイヤー!ゴリラモンド!」
「イエーイ!」

仮面ライダービルド「ゴリラモンドフォーム」完成です!!

ビルドドライバーには、ちゃんと
ゴリラフルボトル
ダイヤモンドフルボトル
がセットされています。

ゴリラモンドフォームと言えば、やはり巨大な腕ですよね。
ちゃんと再現されています。

パーンチ!!
腕がデカイと迫力満点ですね。

ドリルクラッシャー(ガンモード)

回転剣銃ドリルクラッシャー(ガンモード)は、こちら。

ゴリラの腕には、持たせることは、できませんでしたが、
↑のようにダイヤモンドの腕の方で持たせる事ができます。

肩周りの可動域が悪い

BCR02仮面ライダービルドゴリラモンドフォームは、
他のBCRシリーズと比べて肩まわりの可動域が悪いです。

BCR01仮面ライダービルドラビットタンクフォーム
↑のように180度腕が開くのに対して・・・

BCR02仮面ライダービルドゴリラモンドフォームは
↑までしか腕が上がりません。

ゴリラの腕だけでなく、ダイヤモンドも肩がイカツイので、
可動域が少し狭くなっています。

別売りのBCRシリーズとの組み合わせ

ようやく2体揃ったので、色々組み合わせてみました。

ラビットダイヤモンドフォーム

まずはラビットハーフボディ×ダイヤモンドハーフボディの組み合わせ
「ラビットダイヤモンドフォーム」

ビルドドライバーに差し込まれているフルボトルの色が
青色と言うよりも水色なので、ラビットタンクフォームよりも、
色は合っているかもしれません。

アップにすると、こんな感じです。

ゴリラタンクフォーム

次にゴリラハーフボディ×タンクハーフボディの組み合わせ
「ゴリラタンクフォーム」

ゴリラモンドよりも、より重厚感タップリな感じで
カッコイイですね。

アップにすると、こんな感じです。

最後に

BCRシリーズは、やはり2体以上集めてから真価を発揮しますね。

子どもも、かなり気に入ってくれていて、
創動シリーズを購入してからは、専ら創動シリーズに夢中で
BCRシリーズは、ほったらかしでしたが、ゴリラモンドフォームを
購入してからは、またBCRシリーズに戻ってきました。

今後、
10月14日(土)BCR03仮面ライダービルド ホークガトリングフォーム
11月上旬BCR04仮面ライダービルド ニンニンコミックフォーム
11月中旬BCR05仮面ライダービルド ファイヤーヘッジホッグフォーム
11月下旬BCR06仮面ライダービルド ライオンクリーナーフォーム
とBCRシリーズは続々と発売予定なので、色々な組み合わせが楽しみですね。

 - 仮面ライダー , , ,