おもちゃ調査隊

仮面ライダーから赤ちゃんのおもちゃまで紹介をします。

DXメガウルオウダー

      2016/03/08

DXメガウルオウダーの紹介

スポンサーリンク

仮面ライダーネクロムがネクロム魂に変身するときに使う変身ブレスです。

DXメガウルオウダー&ネクロムゴーストアイコンを購入すると
手に入れることができます。

公式ホームページだと5,400円(税込み)で販売していますが、
私は少し遠くのおもちゃ屋で4,298円(税込み)で購入しました。

1月30日現在、ネットの最安値は3,780円(税込み)ですが品切れのため、
4,320円(税込み)が実質の最安値のようです。
送料も考えると、近くのおもちゃ屋で安いところを探した方がお得に買えるかもしれません。

まずはパッケージから。

S1100001

パッケージ正面はこんな感じです。
ネクロムゴーストアイコンよりも、メガウルオウダーの方がメインで写っています。

S1100002

パッケージ左側面はこんな感じです。

グリム魂とサンゾウ魂が写っています。
見た目からすると左がグリム魂で右がサンゾウ魂のようです。

S1100003

パッケージ右側面はこんな感じです。

ネクロム魂が写っています。

S1100004

パッケージの背面はこんな感じです。

S1100013S1100014S1100015S1100017

ユニットを倒した状態で前後左右から見るとこんな感じです。

S1100018

真上から見るとこんな感じです。

S1100025

ユニットを倒した状態でネクロムゴーストアイコンをセットすると
こんな感じです。

S1100020S1100021S1100022S1100023

ユニットを起こした状態で前後左右から見るとこんな感じです。

S1100026

ユニットを起こした状態でネクロムゴーストアイコンをセットすると
こんな感じです。

S1100024

目薬の部分と波紋の部分はこんな感じです。
どちらにもLEDが入っており、待機ボタンや発動ボタンを押せば
光ります。

S1100019

目薬部分と波紋の部分はスケルトンになっており、LEDが光ると
カッコいいんですが、↑の写真の通り、残念ながら配線が透けて見えてしまっているんです。

ここは個人的に非常に残念な感じがします。

S1100011S1100012

ベルトを付けるとこんな感じです。
上がユニットを倒している状態で、下がユニットを起こしている状態です。

ベルトがベルト1(長い方)、ベルト2(短い方)とあるんですが、短い方が
本当に短いです。

うちの子は3歳で、体型も普通か少し大きいくらいですが、今の時期は
重ね着しているため、本当にギリギリです。
アウターを着せると、メガウルオウダーは付けられません。

カッコイイおもちゃなだけに配線部分とベルトの長さが、もう少し
何とかならなかったかなぁと思います。

ゴーストアイコンとの連動について

すべてのゴーストアイコンをセットして遊ぶことができますが
ゴーストアイコンの種類によって連動内容が異なります。

ネクロムゴーストアイコン、グリムゴーストアイコン、サンゾウゴーストアイコンは
変身遊び、必殺技遊びをすることができ、音もそれぞれ固有の音が鳴ります。
詳しくは、それぞれのページをご覧ください。

それ以外のゴーストアイコンをセットした場合は変身遊びはできますが、
必殺技遊びをすることができません。

また、変身音も全て共通で「テンガン!ゴースト!メガウルオウド!」です。

子どもの反応

仮面ライダーネクロムは明日(1月31日)初登場ですが、映画で少しだけ出演していたため
ネクロムゴーストアイコン同様、DXメガウルオウダーも楽しみにしていました。

買ったら予想通り大喜びでした。

腕にはメガウルオウダーを付けて、腰にはゴーストドライバーを付けて
それぞれ交互に手に入れたばかりのネクロムゴーストアイコンの他、
最近お気に入りのフーディーニゴーストアイコンダブルゴーストアイコン
出し入れして遊んでいました。

ゴーストドライバーはトリガーを引くだけの簡単操作でしたが
メガウルオウダーは待機ボタンを押してから発動ボタンを押さなければ
いけないため、最初少し戸惑っていました。

ネクロムゴーストアイコンの場合は、さらに待機ボタンを押した時に「スタンバイ!」
と鳴った状態で発動ボタンを押しても、エラー音が鳴って、変身遊びができないので
慣れるまでに1時間程度試行錯誤しているようでした。

うちの子は3歳(来月には4歳)なので、それくらいの月齢であれば扱えるようになりますが
それより下の子の場合は、上手く扱えない可能性があります。

また、うちの子は変身遊びをする時に、よくリズムに乗って
謎のダンスを踊るんですが、メガウルオウダーのユニット部分が少し緩いみたいで、
ダンス中にユニットが起きたり倒れたりしてダンスをフルパワーで出来なかったところが
少し不満なようでした。

そのため、激しく動き回るような元気な子どもにも、あまり向いていないおもちゃかもしれません。

 - 仮面ライダー , , , ,