おもちゃ調査隊

仮面ライダーから赤ちゃんのおもちゃまで紹介をします。

夏休み自由研究向けのおもちゃ

   

夏休み自由研究向けのおもちゃの紹介

スポンサーリンク


最近は凄いですね。
自分たちの時代は夏休みの自由研究と言えばダンボールや
紙粘土で何か作っていたと思うんですが、現在はおもちゃ会社から
自由研究向けのおもちゃまで発売されています!!

日刊工業新聞で夏休みの自由研究向けのおもちゃが2つ
紹介されていました。

実際には購入していないのですが、
凄い時代になったなぁと思ったので紹介します。

さくっと工作!うまい棒の自販機

さくっと工作!うまい棒の自販機はバンダイから発売されています。
公式ホームページだと価格は2,376円(税込)です。

インターネットの動画サイトでダンボールで自動販売機を作って
紹介する動画が人気だったことからヒントを得て作られたおもちゃだそうです。
対象年令は6歳以上です。

うちの子はまだ4歳なので一人だと作れないと思いますが
接着不要、はさみ不要、電池不要と言うことなので、子どもが小さくても
安心して組み立てられると思います。

完成した自販機はダイヤルを回すとうまい棒が出てきます。
自販機が完成したら、うまい棒をついつい買ってきてしまいますね。笑

ネットで調べてみたら、さくっと工作シリーズは他にもあり、
うまい棒の自販機以外にもチロルチョコやジバニャンのチョコボーの
自販機もあります。

他にも子どもが好きなおやつの自動販売機が出てきたら面白そうですね。

メカノイド

メカノイドはタカラトミーから発売されています。
メカノイドはG15KS(大型)とG15(小型)の2種類あります。

G15KS(大型)の価格は公式ホームページでは50,000円(税抜)です。
約1200種もの部品を組み立てて作ります。

G15(小型)の価格は公式ホームページでは30,000円(税抜)です。
約620種の部品を組み立てて作ります。

どちらも対象年令は15歳以上です。

大きさやパーツの種類は違いますが、できることは下記の通りです。
G15KS(大型)、G15(小型)どちらも同じことができます。

・腕や足がモーターで構成されていて、色々な動きが再現できます。
・動きや音声をプログラミングできます。
・1000以上の言葉を話します。
・ロボット型だけでなく、恐竜型など好きな形に組み立てることができます。

価格も対象年令も高いだけあって、できることが
かなり本格的ですね。

子ども向けと言うより、大人向けのおもちゃと言う感じですね。
うちの子はブロック大好きで、いつもブロックでロボット、乗り物、
仮面ライダーのベルト等何か作っています。

なので小学生の高学年くらいに一緒に作れたら楽しいかも
しれません。

 - 工作 , ,