おもちゃ調査隊

仮面ライダーから赤ちゃんのおもちゃまで紹介をします。

おいかけっこアンパンマン

      2016/04/18

おいかけっこアンパンマンの紹介

スポンサーリンク

上の男の子が1歳の時に友達から、もらいました。
今では、すっかり下の女の子のおもちゃになっています。

商品説明では対象年齢は1歳6ヶ月からとありますが、ハイハイが
できるようになったら十分遊べます。

S1080001

真正面から見るとこんな感じです。

赤ちゃんがハイハイしている時にアンパンマンの顔が丁度真正面に見えるくらいの高さです。

S1080002S1080004

左右から見るとこんな感じです。

アンパンマンが走っているように見えるデザインになっています。

S1080003

後ろから見るとこんな感じです。

S1080006

真上から見るとこんな感じです。

振動センサーが反応することで、アンパンマンマーチのメロディが
流れて、約20秒間動き回ります。

うちでは、よく頭の部分をポンッ!と叩いて動かしていました。

S1080005

真下から見るとこんな感じです。

ミステリー走行と言うらしいんですが、障害物に当たっても
向きを変えて動き回ります。

子どもの反応

商品名に「おいかけっこ」とあるので、動いている時においかけまわすおもちゃかな?
と思っていましたが、実際は動いている間は追いかけません。
止まったら止まっているとこまで、追いかけて動かすって感じです。

もらった時、上の男の子は既に走り回れるくらいになっていたので、
アンパンマンのメロディが鳴っている間、踊ったり、走り回ったりして遊びました。

上の男の子が、ずっと遊んでいたので、下の女の子もきっと気に入るだろうと3、4ヶ月くらいの
時に一度動かして見せましたが、その時は反応があまりありませんでした。

8ヶ月になりハイハイも上手にできるようになった現在は、ちゃんとアンパンマンの動きに反応して、
アンパンマンのところまで行こうとします。

そのため、ハイハイできるようになったくらいに渡すと丁度良いくらいじゃないかな?と思います。

下の女の子は、まだハイハイができるようになったばかりなので、アンパンマン
の動かし方がわかりません。

しかし、アンパンマンに体が当たったり、興奮してバンバン地面を叩いた時に
振動センサーが反応してアンパンマンが動き出します。

子どもも自分のアクションに反応してアンパンマンが動き出すことがわかるんでしょう。

何とかして動かそうと、必死に色々試そうとしているのが見ていてわかります。
こういうところで考える力がつくんだろうと思いますし、何より試行錯誤している様子が
非常に可愛らしいです。

ココが、このおもちゃの凄いところです。
さすが東京おもちゃショー2012共有玩具部門で優秀賞を取っているだけはあります。
おススメのおもちゃです。

 - アンパンマン , , , ,